芸能の話題やイベント情報、グルメなど気になる事柄について書いています。

Oshiruko-blog

リンクユニット上

グルメ

2019年最新【東京・恵比寿】絶品たい焼き「ひいらぎ」

更新日:

いつの時代も愛される食べ物「たい焼き」。大袈裟って?いやいやそんなことありません。ところで、おいしい「たい焼き屋さん」ってどこなの?という疑問にお答えしたいと思います。

もちろん、好みは人によりですが、今回おススメするお店はこちらです。

「ひいらぎ 恵比寿本店」

たいやき「ひいらぎ」 taiyaki -HIIRAGI-

2006年にオープンした「鯛焼き ひいらぎ」

こちらのお店の鯛焼きは「1つ作るのに30分という時間をかけて焼き上げます」という看板通り、ひとつひとつじっくりと時間をかけて焼き上げているため、表面の生地はパリッパリで香ばしく、中のあんこはフワフワ&たっぷり&ぎっしりの鯛焼きです。

お店の看板

あんこは北海道産のあずきを100パーセント使用して作っており、とても贅沢な味わいです。

お店のメニューは、「鯛焼き」と「餡」のみです。

※夏は鯛焼きソフトなどの限定メニューが販売されています。

お店は常に何人か並んでいますが、少し待てば購入できますので待ち時間はそんなに気にしなくてよいかと思います。

いつもこのくらい並んでいることが多いです。

お店の行列

お店の中ではいつもたくさんの鯛焼きが焼かれています。

30分かけてじっくり焼き上げる

待っている間はこの鯛焼きの香りを楽しむのもいいもんですよ。

そして、何といってもいつもアツアツの焼き立て鯛焼きを食べることができます。

表面の生地はパリパリで香ばしい

いつもアツアツ!

中のあんこはギッシリ。こんなにたっぷり入っているのに、甘すぎずあっという間に間食してしまいます。甘いものが苦手な人も意外と大丈夫だったりすると思います。

ぎっしり

スポンサードサーチ

2019年1月から値上がりしました。

今まで一匹「150円」で販売されいていましたが、今年から価格改正されまして

鯛焼き

1匹「150円」→ 1匹「180円」に値上がりしました。

(恵比寿本店、目黒店ともに値上がり)

自家製あんこ 

「400円」 → 「450円」に値上がりしました。

※値上がりの理由は、小豆価格が高騰したこと、また原油価格値上げにより従来の価格での提供が難しくなりましたとのこと。

また、鯛焼きのわかりやすい価格表がこちら。参考にしてみてください。

鯛焼きの個数別「価格表」

なお、お店に並ばなくても事前に予約するという方法もありますので、数多く注文したいときには「予約」するのも良いかと思います。お土産に買うときなどは予約が良いですね。

何度も言ってますが、本当に美味しいのでお土産に絶対喜ばれるはず!

また、1時間以上前に前もって予約をすると、箱代が無料になります(通常は30円かかります)

今回訪れたお店は、恵比寿にある本店です。
住所:〒150-0013 
東京都渋谷区恵比寿1丁目4−1 恵比寿アーバンハウス

交通:JR恵比寿駅「東口」、「西口」からともに5分ほどです。恵比寿東公園(たこ公園)向かい側です。

恵比寿駅から徒歩5分かからないです。このビルの1階にお店があります。

※コインパーキング(タイムズカープラス恵比寿東ステーション:24時間営業)が、お店の斜め横にありますので車でお越しの場合も利便性が良いかと思います。

営業時間案内

営業時間:午前11時から(売り切れ次第終了)

定休日:月曜日






-グルメ

Copyright© Oshiruko-blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.