芸能の話題やイベント情報、グルメなど気になる事柄について書いています。

Oshiruko-blog

リンクユニット上

オーデイション スカウト

オーディション写真は自撮りでとってもいいの?合格しやすい「正しい撮り方」を詳しく解説します。

投稿日:

オーディションに応募するには写真が必ず必要です。では自撮りで撮った写真は大丈夫なのか?また、どんな撮り方をすれば良いか?について詳しく書いています。

スポンサードサーチ

オーディション用写真

プロダクション、モデル事務所、アイドルオーディション、雑誌オーディション。などたくさんのオーディションがありますが応募する際必ず「写真」は必要です。

自撮りでもOKか?ですが「おススメはしないが、とりあえずOK」でしょう。

まず応募の際、必ず必要なのは、

  • 上半身
  • 全身

最低この2ポーズは必要となります。

オーディションによっては「横顔」なども必要となってくることもあるでしょう。

気を付ける点(誰かに写真を撮ってもらう場合)

それでは、デジカメやスマホで人(他人)に自分の写真を撮ってもらう際の注意点・ポイントは?

  1. 暗い場所や夜景では撮影しない
  2. 背景はスッキリと
  3. 顔の正面から撮影する
  4. 全身を取る場合、撮影者はしゃがんで撮る
  5. 笑顔も必要

です。

これらについて詳しく解説します。

1.暗い場所や夜景では撮影しない

写真が暗いと顔がよくわからないことが多いからです。屋外で撮る場合は「午前中」や「昼間」など明るい時間に撮りましょう。家の中など屋内で撮る場合も明るい部屋で撮りましょう。

2.背景はスッキリと

背景がごちゃごちゃしていると写真の質が下がり、被写体のインパクトに欠けます。なるべく背景は「壁」などすっきりした場所が良いです。時々自分の部屋で撮影した写真を送る人もいますが「スッキリきれいな部屋」ならOKです。

一番ダメなのは「汚部屋」で撮った写真。

部屋の中がごちゃごちゃで丸見えだと。

これ↑なぜ「ダメ」なのかわかりますか?

【答え】

部屋が汚い₌性格もいい加減なのでは?

という見方をされてしまいます。これからタレント・モデルを目指そうとしている人が「物が散乱した部屋の中」での写真を送ってくる。イメージは本当に悪いです。

3.顔の正面から撮影する

写真は斜めではなく正面から撮るようにしてください。斜めなどの写真だと「ごまかしている」ように捉えられてしまうこともあります。自分の好きな角度がある場合は、必ず正面の写真も追加で添えてください。

4.全身を取る場合、撮影者はしゃがんで撮る

全身写真は撮り方次第で「短足」にも「足長」にも見えます。

撮影者が「立って」撮影すると上から撮ることになるので「頭でっかち+短足」に写ります。

なので「しゃがんで、撮る!」

これでスタイルも良く撮影できます。

5.笑顔も必要

オーディション用写真には笑顔も必要です。

その理由は?

歯並びを確かめるためです。

笑わない顔の方が自分は好き、カッコイイ、可愛いといった自分の好き嫌いもあるでしょう。でも笑顔の写真は必要ですよ。せめて上半身・全身かは笑顔の写真にしてください。

【笑顔の写真がないと・・・】

  • 性格が暗い人と思われる
  • 歯並びが悪いと思われる

です。「歯並びが悪いのを′隠すため’笑わないんだと思われたらマイナスです。」芸能の世界、歯並びは重要です。矯正中でも構いません、笑いましょう。

スポンサードサーチ

自撮りの撮り方(オーディション用写真)

自分で自撮りしてオーディション用写真に使う場合の注意点も上記「5項目」とほぼ同じです。

その他、注意点としては

  • アプリ加工した写真はNG
  • 顔アップ過ぎの写真はNG

です。

特に最近は加工アプリで自撮りが流行っていますが、オーディション用写真には向きません。すぐバレますし。。。肌を少しきれいにするくらいで止めておきましょう。

顔アップ過ぎは「とにかく見づらい」ので適度な距離で。

また、自撮りで全身を撮るのは難易度高いので誰かに撮ってもらうのが一番ですが自分で撮る場合は「セルフタイマー」機能を使って撮りましょう。

それでもだめなら最後の手段「鏡越し」で全身写真を撮ってください。

やっぱり「プロ」に撮ってもらいたいという場合

ここまで読んで、「やっぱり大事なオーディションで勝負するわけだから、完成度の高い良い写真がいい」という方もいるでしょう。

その場合は、スタジオでプロに撮ってもらうのが確実です。

私が厳選したオーディション用スタジオ

重要なのは「自分の良さを引き出してくれるスタジオ」です。

自分なりに調べてみた結果、こちらがおススメでしたので載せておきます。

銀座のどの駅からも徒歩数分!ヘアメイクができるフォトスタジオ銀座シルキア

理由は「安心して任せれる」「良質な写真が撮れる」からです。

ここは数々の女優を担当するベテランのヘアメイクさんが付きます。メイクってかなり印象が変わるので大事です。また、カメラマンは個性を引き立たせ、ナチュラルやアーティスティックなど様々なジャンルの写真に対応できます。

こちらのスタジオ、オーディション用写真撮影では「割引キャンペーン」も実施中なのでお得です。

スポンサードサーチ

まとめ

オーディション用写真について書いてみました。人に撮ってもらっても、自撮りでも良いと思います。ただ、自撮りはあまりオススメはしませんが。。。また、プロに撮ってもらえれば普段の自分とは全く違った魅力も出た写真が撮れるでしょう。大切なオーディション用写真、良い写真が撮れるよう工夫してみてくださいね。

 

-オーデイション, スカウト

Copyright© Oshiruko-blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.