芸能の話題やイベント情報、グルメなど気になる事柄について書いています。

Oshiruko-blog

リンクユニット上

オーデイション スカウト

オーディション連続で落ちまくりの私が、あることを境に合格するようになった話

更新日:

これは過去の私の話になります。

素人の自分が事務所に所属し、CMのオーディションに受かるまでの経過を書いています。
結果を先に言うならば、「大事なのは、出会い・自分のモチベーション・気持ちの変化・正しいレッスンをして自分を変える」なんだと感じています。

この記事では、こんなこともあるんだなぁとそれくらいの感覚で読んでいただければと思います。

スポンサードサーチ

1 スカウト~所属するまで

高校時代、地方から初めて家族と遊びに来た原宿の竹下通りで、某大手プロダクションのスタッフの方からスカウトされる。

(といっても私は買い物に夢中で全く気づいていない。なかなか店から出てこないため親に話しかけていたようで。帰りの車中で初めてスカウトされたということを知らされる)

元々この世界には興味があったため、後日面接を受けるために再び東京へ。


【面接内容はこんな感じ】
個人面接

メイクさんにメイクをしてもらい「カメラテスト」

現役所属者の方たちに混ざって実際に「演技レッスンに参加」

面接終了

結果を待つこと2週間
なかなか連絡が来ないので半ば諦めた私は自分から電話して問い合わせをする。
「まだ結果が分からないため待ってください」と言われ待つこと数日。

「合格」との電話連絡があり所属が決定。

後日、契約書を交わす

2 レッスンとオーディション

地方在住のため普段はレッスンに通うことはなく、自分なりに台詞を読んだりする程度の私。演技レッスンに参加した時のことを思い出して自分なりにやってみる日々。

スタッフさんからは、時々オーディションにエントリーしていただいていましたが落選

ある時「長期休暇(夏休み)だけレッスンに通わないか?」という事務所からの誘いがあり、約1ヶ月間(夏休み)上京し身内の家に住み込み、毎週ダンスレッスンに通う。
他にも地方の子達が私と同じようにダンスレッスンをするために上京してましたね(その子達はスタッフの元で共同生活)

その期間はオーディションもちょくちょく頂けました。
が、しかし、どれを受けてもかすりもしない、、、。審査員の反応もイマイチというか全然。
やはり仕事経験があり、オーディションにも慣れている子は、結構誉められたり反応も良く、すごいなぁなんて羨ましく眺めては自分のダメさ加減にモヤモヤ。
そんな感じでオーディションを受ける数だけは増えていきます。


夏休みの1ヶ月が終了。
結果、収穫といえば多少ダンスを覚えたってことくらいでしょうか。
あと、オーディションって難しいってことに気づきました。

スポンサードサーチ

3 上京する

その後、高校卒業して地方から東京へ上京。
しかし、オーディションに全く受からない日々がずっと続いていまして。
やった仕事といえば、事務所から直接いただいた雑誌の撮影。
あとは、仮歌レコーディングを少々。

これだけ仕事をいただけたことでも感謝です。

所属者が何百人といる中で、自分にも役割があるというのが、嬉しかったですね。

4 流れが変わった

上京はしたものの、パッとしない日々がつづく。事務所からも大して相手にされてないなぁと感じる。
その理由は、仕事が取れる器じゃないということだからでしょう。

契約期間もそろそろ終わるし。

そこで変えたこと。
事務所を移籍しました。
ちょうどその期間にスカウトされた少人数の事務所があり(5人くらい?)そちらに移籍しました。
そこからガラッと何か運気というか流れが変わりましたね。

移籍後初めて受けたオーディションでいきなり合格。
メインキャストでCMデビューを果たしました。
あれほど落ちまくりだったのになぜ?

自分でも驚きました。

確かに、オーディションの反応も良く「いいねぇ」なんて言ってもらえました。

スポンサードサーチ

【合格した理由を考える】

(1) 少人数の事務所なので自分のモチベーションが変わった
(2)あるレッスン方法を教えてもらった
(3) 運気
(4) 服装

(1)少人数の事務所なので自分のモチベーションが変わった

大手事務所は有名人が多く、ここに入りたいと憧れる人もたくさんいるでしょう。友達や周りからもスゴいねと言われ優越感にも浸れるかもしれません。
が、しかし、自分と同じ世代の子が大勢いる、しかも皆当たり前に可愛い。は自分が埋もれてしまっている感がハンパなかったです。
友達からは「あの子は何が決まった」「マネージャーがついた」とかそんな情報ばっか入るんですね。
少人数事務所に移籍したことで、やはり自己重要感が全然違いました。常に色んなアドバイスが事務所からもらえ、新しい発見の連続。
所属人数が少ないので事務所内での競争がなく、一人一人をしっかりと管理プロモーションしてもらえているという実感がありました。

(2)あるレッスン方法を教えてもらった

これをやりなさいと言われ、私がひたすらやっていた練習。
その方法を教えますね。

・自己紹介を録音して100回リピートする。(1回ずつ自分の声を聞いて録音の繰り返し)
・1時間、1人で喋り続ける。


もともと、喋るのが苦手な私に与えられた自己レッスンです。これでオーディションが楽しくできるようになり、気づかないうちにちゃんと喋ることができるようになっていました。
自分の声を客観的に聞くのも練習になりますし、内容も色々変えてトークに慣れる練習です。

因みに、オーディションではいつも地味な特技を披露するようになりました。これで審査員の方も「へ~、すごい」とクスっと笑い&少しの驚きをしてもらえ、それによって自分自身の心も和み、リラックスし次に進めることができます。最初の自己紹介でまずは「リラックス」する方法を考えました。

(3) 運気

これは本当に感じました。
流れが変わったというか何というか。
説明できませんが、、、運気というものってあるんだなと感じましたね。

(4) 服装

プロフィール写真を撮ったときの「服装・色」が似合ってると言われたため、オーディションにはいつもその服装で行きました。
ちなみに膝丈ワンピースです。
服装で印象も変わるので重要ポイントだと思います。髪型は、ひとつ結び。メイクはスッピンメイク。

ざっと、このくらいかなと思います。

その後も順調で、また別のCMのオーディションに合格しメインキャストとして出演が決まり、結果数々の作品に出演することができました。

結局演技レッスンは特に何もしてないですが
「表情や性格面が自己レッスンで改善」し、
「自己重要感が上がることで気持ちの変化」
もありこのような結果になったんだと思っています。

最後に

タイミングや運もきっとありますし、人それぞれなので、これは単なる1つの例として捉えてください。 
やはりオーディションは何度落ちてもあまり気にしないことです。
落ちて当たり前の世界です。でも、何かに気づいて改善していくことで結果は変わっていくと思います。 
私の場合は事務所を移籍したことでいろんな気付きがあり、アドバイスが常にもらえたので良かったのだと思います。

その他の記事:スタートダストのオーディション結果連絡はいつくる?合格率はどのくらい?

竹下通りでスカウトされない?実際にスカウトマンがいる場所はここです。

-オーデイション, スカウト

Copyright© Oshiruko-blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.