芸能の話題やイベント情報、グルメなど気になる事柄について書いています。

Oshiruko-blog

リンクユニット上

未分類

95%の人は勘違いしている?!実は損しているお金の使い方

更新日:

自分では得した!と思って買ったはずなのに、実は損していたなんてことが人の行動ではよくあることです。こんなに買うつもりじゃなかったのに、、、なんてことありませんか?

誰にでも当てはまる人の心理の不思議です。

きっとあなたも心当たりあるのではないでしょうか?!

スポンサードサーチ

・お札を両替すると、とたんに小銭を使いそして浪費が始まる。

気づいたらお財布の中が空っぽ?

例えば財布に「1万円札」が入っているとします。

1万円札の時は使わないようにと思っていたはずが、両替したり、支払いで1万円札が「千円札や5千円札、小銭」に変わると人の心理としては急に浪費が始まるといいます。

さっきまでは財布のひもがきつかったはずが、高額紙幣から細かいお金に変わってしまうと途端に使い始めてしまう。

そして、お金の単位に見合った細かい買い物をついつい始めてしまうといいます。

最後には財布の中にあったはずの1万円がわずかなお金しか残っていなかった、または気づいたら使い切っていたなんてことも。

人の心理って不思議です。

・時間を費やした分だけ、お金を消費したくなる

みなさんもよく経験したことありませんか?旅行、また、いつもより遠出した時。何も買わずに家に帰るなんてことまずないですよね?

わざわざ時間をかけてここまで来たんだから、何か買おうよという気持ちになります。それどころか、ここぞとばかりに買うぞ!という気持ちにさえなってしまいます。

と、ここがポイントです。

お金と時間をかけてたどり着いた場所が遠ければ遠いほど、そこで買い物する金額も多くなる。

「ここまで来たのに、これしか買わないの?」

「せっかくここまで来たのに何も買わずに帰るなんてありえない。」

つまりお金(交通費)と時間(移動時間)をかけて来たのに、ほんの少ししか買い物しないと「損をしている」という心理になるのです。

時間をかけて行った場所ほど、お財布のひもが緩んでしまうということ。

この心理を利用しているのが郊外にあるアウトレットパークなのだそうです。しっかりと戦略されているのですね。

スポンサードサーチ

・手に入らないかもしれないと感じると、どうしても欲しくなる

「期間限定」「今だけ」という言葉に弱い

期間限定商品は売れる

食べ物ではよく見ますね、「今だけの期間限定商品」、「地域限定品」、「季節限定品」。また、テレビショッピングでは「受付終了まであと何日!」とか「今から1時間だけの特別価格」というフレーズ。深夜のテレビショッピングでは「売れ残りまであと何個」なんていうテロップまで出てきます。

これは、この期間を過ぎたら買えなくなるという心理を突いているセールス方法です。

しかも、本当はそんなに欲しいと思っていなかったものでも期限をつけられてしまうと何となくそれを選んでしまう。つまり不要なものでも気づいたら買ってしまっているという状況になるのです

最近ではネットショップで「期間限定セール」「期間限定ポイントアップ」などもそれに当てはまりますね。

まとめ

お金を使ってるつもりはないのに、いつのまにか浪費をしてしまっている。節約してるつもりが、「あれ?お金が減っているぞ」なんてことがきっとあるのではないでしょうか。人の心理とは不思議なものです。

あなたも自分では買い物で「得している!」つもりが、結果的にはお金を無駄遣いして「損している」ということが多くあるかもしれませんよ。

-未分類

Copyright© Oshiruko-blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.