芸能の話題やイベント情報、グルメなど気になる事柄について書いています。

Oshiruko-blog

リンクユニット上

スカウト

芸能人になる方法とは?元マネージャ教える/これだけは知っておいてもらいたいこと

更新日:

将来芸能人になりたい、女優、俳優になってテレビドラマや映画で活躍できるようになりたい、モデルになって雑誌の表紙を飾りたい。


でも、どうすればその夢は叶うの?
テレビで活躍している人たちはどうやってここまできたの?自分も挑戦してみたいけどどうしたらいいの?そんな疑問にお答えしたいと思います。

スポンサードサーチ

どうすれば芸能人になれる?

タレントやモデル、俳優になりたいという方はどこかしらプロダクションに所属しています。
最も多いのはスカウトです。


街中などでプロダクションの方から声がかかり、それがきっかけで所属し、いくつものオーディションを受け、仕事が決まり、人々の目に止まり話題になり、誰もが知るタレント俳優になるのです。


しかしながら、スカウトされるのは限られた人だけですし、されたからって誰もが世に知られるタレントや俳優になれるわけでは全くありません。
ご存じかとは思いますが有名になれる人はほんの一握りです。
デビュー後すぐに有名になる人もいれば、長い下積み時代や売れない期間を経て有名になる方もいます。


まず、あなたが芸能人になりたいという夢があるのならスカウトされるのが一番の近道ではありますが、自分でオーディションに応募してみることも一つの方法です。

スカウトされてもデビューできない!?

デビューするのにはスカウトが一番の近道だとお話ししましたが、スカウト=デビューではありません。
一般的に皆さんが勘違いしているのはここなんです。プロダクションからスカウトされたから、自分がOKを出せば所属できると思ってる人もいますがそれは違いますよ。
スカウトというのは、きっかけです。
面接へ行き合格して初めて所属となるのです。
面接では内面的な部分、写真映りなどを審査されますので、そこをクリアしないといけません。 

「スカウトされる方法や服装」についてはこちら

一般的にスカウトというのは

俳優、モデル、アイドルとしての可能性がある人を探しているスカウト

が普通ですが、

 

・入会金目当て

・養成所やスクール

・読者モデル

・美容室カットモデル

というのもあります。

こんなスカウトには気を付けて

面接へ行き合格したが、入会金何十万、月謝、年会費等、高額な費用負担が必要という流れになった場合です。

それでもいいから、どうしてもレッスンへ通いたいという方には良いと思いますが、しかし私自身の意見としてはちょっと厳しいかもしれませんが

「それって、その会社から見てあなたはその程度でしか見られていない。つまり誰でもいい」ということですよ。

レッスンへ1~2年間、毎週通っても最終的に事務所へ所属できるわけではないのです。
期間が来たら終了=卒業。
95%の人はそうなるでしょう。
ちなみに仕事はエキストラ数回です。

考えてみてください。
可能性がある!という人には、当たり前ですが費用負担の話なんてしません。
また、長い期間レッスンだけさせて放ってはおきません。
それどころか、一刻も早くプロモートを開始しメディアへ売り込みます。レッスンが必要ならばいつでもできますから。

 
人の夢をこのように利用されてしまうのは悲しいことですが、これらの目的は「新人を育てることではなく」、「レッスン生を集めること」です。
1つのビジネスなのです。
誰でも良いのです、、、。

【元マネージャーが教える】怪しいスカウトの見分け方/実際のスカウトってどんな感じ?

仮に演技を勉強したい・レッスンをしたいのであれば、監督さん等が開催しているワークショップへ個人的に自分で申し込んだ方が出演のチャンスも広がり、演技力も身に付くと思いますよ。

何十万もかかるようなのところは論外として、しかしながら一方ではこのような見方もあるのです。

・この人が売れるかなんて分からない
・ましてやどれくらい仕事が取れるかも分からない

そういう人に事務所が全負担してプロモートしていくのはリスクがある。だから、リスクをなくすため、ある程度の必要経費は予め本人に負担してもらう。

仕事が取れないと利益にならないどころか、会社を維持できないですからね。

 

もちろん良心的に全てプロダクションが費用負担しているところも多数あります。
そのようなところから声がかかればとても喜ばしいことです。

費用がかからないところは、この人だったら仕事が取れるんじゃないか?可能性があるんじゃないか?という人にしか声をかけません。

しかし、面接やカメラテストで落とされてしまうことも勿論あります(特に大手は狭き門です)
合格しないと話は進みませんがチャレンジしてみるといいでしょう。

他に方法はないの?

あります。プロダクションは、新人募集オーディションを開催しているところが多くあります。
主にインターネットでの応募が多いですね。昔はオーディション雑誌もいくつかありましたが、今はほとんどインターネット上での募集です。
常に良い人材を探していますので、自分から応募するのもも良いと思いますよ。
競争率はありますが、目に止まれば面接へと話が進みますので諦めないで挑戦してみてください。また、その場合でも合格はしたが費用の話が、、、となった場合は少し立ち止まって考えるのも必要です。

【どんな人が書類選考通過するのか?】
・一般的には、可愛い、きれい、カッコいい等いわゆるルックスの良い人です。年齢は10代~20代前半までが多いです。その理由としては、年齢が若い方が将来的な可能性がより大きいからです。

・また、本人の取り組む姿勢、可能性、性格、才能的な部分も見られます。
個性的なキャラクターをもった人を探しているところもあります。

 

【気を付けること】

・履歴書のコピーは送らない。

これをやると、「あぁ、この人はコピーして色んなプロダクションに手あたり次第送っているんだ」とバレバレです。性格も疑われますし、良い印象は何一つありません。履歴書を書く場合は、1枚ずつ手書きで書きましょう。

・文面に気を付ける。

あまり自意識過剰な文面を書かない方が好ましいです。もちろん自信があるということは良いことですが、ほどほどにしましょう。

・写真が暗い、ボケている。

写メでも良いのですがその場合は正面から撮った写真にしましょう。また、あまり暗いばしょで撮ったものや、ピントがボケていると表情が明るくてもマイナスになってしまします。できるだけ背景はスッキリした場所が良いです。

・字が汚い

文字が汚いと電話番号やメールアドレスが認識できず万が一面接に来てほしい時でも連絡が取れないことがあります。連絡先はとにかく分かりやすく読みやすい字で書きましょう。

スポンサードサーチ

最後に

誰が売れるかなんて分からない世界です。
事務所の予想が当たらないことも当然ありますし、容姿端麗な人だけが有名になる世界ではないのです。才能や本人の魅力がとても重要です。

自分がやりたいと思ったことは、迷っていないで是非チャレンジしてみてください。
やっぱり自分は向いてないかもなんて思わないでくださいね、それが一番勿体ないです。
迷っている時間というのは人生で一番無駄な時間です。

やりたいことを我慢するのが一番辛いです。だって、あなたの大切な人生なんですから。物事って行動しない限り変えることはできません。

もし、うまくいかなかったとしても、そこから次の目標や気持ちの変化、色んな発見があると思います。

-スカウト

Copyright© Oshiruko-blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.