マスク

【アベノマスクのリメイク方法】小さいサイズを大きくする方法など紹介

政府から配布されたアベノマスク(安倍のマスク)のサイズが小さい。そんなアベノマスクのリメイク方法を掲載しています。

主にSNS、Twitterなどの情報を元に紹介しています。

アベノマスク リメイク方法は?

アベノマスクのサイズは、幅は若干大きいものの10センチ四方の正方形のような形(これでは、小さい子供しか使えないですね、、、。)

とても大人が使えるサイズではないので、大きく立体マスクにリメイク。

リメイクする前に!

マスクを水通しして、干してから作成をオススメします。アベノマスク、とても生地が縮みやすいので、、、。

2枚のマスクを1枚に繋げる

政府から配布のマスクは1世帯2枚。その2枚のマスクを1枚に繋げてリメイクされています。

これは、裁縫が苦手な方も作りやすいですね。

裏地で活用、立体マスク

まずはマスクを解体。すると、大きな1枚のガーゼになります(元は15重に畳まれています)

そのガーゼを好きな布と合わせ、手作りマスクの裏地として活用。

https://twitter.com/kalent_hand/status/1251996749658390528?s=19

レースマスク、とってもお洒落ですね。



裏地で活用、プリーツマスクへ

アベノマスクを解体し、裏地として使用。こちらはプリーツマスクを作成されています。

https://twitter.com/MIKYSB17/status/1250692698102628352?s=19

アベノマスクのみで立体マスク

先ほどは好きな布と縫い合わせてのリメイクを紹介しましたが、こちらはアベノマスクだけで立体マスクを作成されていますね。

みなさん上手!

https://twitter.com/mio3Sora/status/1272164028438069249?s=19

本来ならばリメイクしなくても十分使えるマスクを配布してほしかったですが、アベノマスクリメイク、とても可愛いマスクに仕上がってますね。

中にフィルターポケットを付ければ、取り替えシートを入れることができ飛沫防止になりますね。

アベノマスクとの組み合わせ、夏は涼しい生地を選ぶと良いですよ。こちらもご参考にどうぞ↓↓




リメイクしたマスク入れに!マスク専用バッグが話題

食事の時、マスクを外した時、マスクの行き場に困りますよね。そんなときに使うと便利なマスク専用バッグ】が今話題です。




関連記事