未分類

ダイオウグソクムシはどのように脱皮する!?(前半分を脱皮できない理由は?)

ダイオウグソクムシの 脱皮動画です。鳥羽水族館のダイオウグソククムシが脱皮後死んでしまったとニュース。ではどうやって脱皮するのか?また、なぜ前半部分は脱皮できないのか?

ダイオウグソクムシとは?

  • 世界最大の等脚類
  • メキシコ湾などの深海にいる
  • 大きさ 19~36㎝
  • 歩くことも泳ぐこともできる

「深海の掃除屋」と呼ばれる本種は、深海底に沈降してきた大型魚類やクジラなどの死骸や弱った生き物等の有機物を摂食する。他の等脚類のように弱った仲間や死体を食べる共食いを行っている可能性もあるが、詳細は不明である。

引用元:Wikipedia

この写真は三重県の鳥羽水族館にいたダイオウグソクムシの脱皮写真(体の後半部)。

No.23オスのダイオウグソクムシ。

脱皮したのは10月13日。

左の白いものが、脱皮した皮です。

なぜ脱皮するのか?

外骨格があるために脱皮をしないと成長できないため。皮を脱いで(脱皮する)→大きくなるを繰り返しているんですね。

脱皮の動画映像

ではどのように脱皮するのか?映像を集めてみました。

これは実際に鳥羽水族館で脱皮したときの映像です。

かなり大変そう。体力ものすごい消耗してるのでしょうね、、、。

これ、前半部を自力で脱皮するってかなり難しいんじゃないんでしょうか?動物のように手がないから脱ぐという行為が不可能に近いんじゃない?なんて感じてしまいます。

前半部脱皮できないのはなぜ?

死因は不明。脱皮の確認は世界で5例しかなく、過去4例はいずれも体の後半部を脱皮後に死んだ。水族館によると、前半部を脱皮すれば世界初だった。

とのことで、現時点では生態についてもあまり解明されていないようですね。

こんな意見も

前半部を脱皮できない理由など、ネットではこのような意見もありました。

カニやエビが残りの殻を食べてくれるとか、何か別の生物の助けがいるのかも。

飼育環境下では必要な栄養が取れていないのかも

脊椎動物ではないので羊膜を舐めとるではないけど海流の力で剥がすとか自分だけでは体力を使い果たしてしまうのかな?

もしかすると前部の脱皮にはある程度勢いだったり、何か岩に引っ掛けたり、ぶつけて割ったりとか道具が必要で、水槽内には彼らが生活している環境が整っていないのでは

まとめ

ダイオウグソクムシの脱皮について掲載させていただきました。前半部も脱皮できるダイオウグソクムシは自然界にはきっといるのかもしれませんね。