テレビ番組

未来への10カウント│ロケ地の病院はどこにある?住所(場所)は?

木村拓哉さん主演のドラマ「未来への10カウント」に使われている撮影場所(ロケ地)の病院が話題になっています。どこの病院?場所は?についてまとめました。

未来への10カウント│ロケ地の病院はどこにある?

初回放送が終わり「未来への10カウント」面白い!キムタクのドラマはやっぱり最高!と評判ですがロケ地についても話題になっていますね。

中でも注目されているのが「病院

「あの病院ってどこの病院?」や「なんか見たことある」と話題になっているんです。

未来への10カウントのロケ地として撮影されたこの病院は、「千葉大学医学部附属病院」で外来診療棟B等です。

  • 住所:〒260-8677 千葉県千葉市中央区亥鼻1丁目8−1

「なんか見たことある〜」というのも、ここの病院は、あの有なドラマ「ドクターX」でおなじみの「東帝大学病院」として使われていた場所なんです。

ドクターXでロケ地として使われているため「あ、またこの病院がロケ地で使われてる!!」と話題に。

他にもドラゴン桜のロケ地でも使われていましたよね。



未来への10カウント(ロケ地:病院)視聴者の口コミ

未来への10カウント│ロケ地の病院はどこにある?住所(場所)は?まとめ

キムタク主演ドラマ「未来への10カウント」の病院シーンで使われてる地、撮影場所の病院の名前、場所はどこにある?についてまとめまロケした。