スポンサードリンク
イベント

江戸川区花火大会2023屋台の出店場所・時間は?混雑状況も!

令和5年(2023年)江戸川花火大会が、8月5日(土)19時15分より開催されます!

コロナ禍で中止になってから、4年ぶりに開催される江戸川花火大会。

久々の開催に心躍りますね!!

花火大会と言えば屋台!楽しみにしている人もさぞかし多いことでしょう。

花火大会でビール片手に唐揚げなんてシチュエーション、最高ですね♪

残念ながら、江戸川花火大会会場周辺には、屋台の出店はありません。

ですが、駅から会場に向かう道中には、江戸川花火大会に合わせて屋台を出店しているところがたくさんあります!

今回の記事では、花火大会と合わせて屋台を楽しみにしている人におすすめの、江戸川花火大会の屋台出店場所について、詳しく見ていきましょう。

花火大会のあとは、大切な人と花火の余韻に浸ってホテルで1泊するのもおすすめ♪素敵な思い出がまた1つ増えますね。

楽天トラベルならクーポンも使えて、ポイントも貯まってダブルでお得!まずはクーポンだけでもゲットしておこう!

楽天トラベルはこちら

江戸川区花火大会2023屋台の出店場所はどこ?

江戸川区花火大会2023の屋台出店場所はJR市川駅と、JR市川本八幡駅の周辺です。小岩駅周辺にも屋台がたくさん出ます。

その他、市川駅までの道すがら、江戸川河川敷の市川市側の沿道に出店される予定となっています。

赤線部分が比較的屋台は多くの屋台が出店するので参考にしてみてくださいね。

江戸川花火大会の打ち上げ会場の対岸から、市川駅までは徒歩15分、本八幡駅までは30分となるので、食べ歩きをしながら花火を楽しむのもオススメ。

例年は、上記の辺りに出店されたのですが、今年は4年ぶりの開催となるため、その他にも出店があるかもしれませんし、逆に全く出店がないといった可能性もあるためご注意ください!



江戸川区花火大会2023屋台の出店営業時間は何時から何時まで?

江戸川区花火大会2023屋台の出店営業時間は、お昼過ぎから徐々に開店し始め、多くのお店が15時頃には開店しています。

もちろん日が暮れるにつれて開店するお店が多くなり、花火大会の開始となる19時にはすべてのお店が開店します。

早めに行って、空いているうちに屋台を利用するのも良いのですが、すべての屋台をチェックしたい!という場合には、16時を過ぎた辺りからがおすすめ。

閉店時間は21時となっており、花火大会の人が帰ると同時にお店も閉まってしまうため、帰りに屋台を利用したい場合には、早めに会場を後にしましょう。




江戸川区花火大会2023屋台の混雑状況・混雑予想は?

江戸川区花火大会2023の屋台は、非常に混雑する事が予想されます。

江戸川河川敷は対岸側も合わせて座るところを探すのが大変なほどの人出となるため、屋台もかなり混み合います。

ただし、会場から離れている屋台が多いため、行きの時間帯の夕方と、帰りの時間帯が非常に混雑します。

混雑を避けたいなら、打ち上げ開始の4時間前には現地についておく方が良いため、開店している屋台のみで楽しんでみてください。

おすすめは、打ち上げ終了15分前に会場を後にして、屋台を楽しみながら帰るというスタイルですが、それでも、会場まで行かずに屋台周辺で花火を楽しむ人でかなり混雑しているため注意!



江戸川区花火大会2023概要

江戸川区花火大会2023は、令和5年8月5日(土)19時15分から20時半まで、打ち上げ会場は江戸川河川敷です。

打ち上げ総数は1万5千発を予定しており、東京都で行われる打ち上げ花火としては、第4位の打ち上げ数を誇る花火大会。

江戸川花火大会は、8つのテーマを設定し、そのテーマに沿ってBGMを流しながら花火が上がります。

2023年は、SDGsをテーマにした打ち上げ花火も予定。

同日に、市川市民納涼花火大会が共同開催となっており、市川市周辺道路は非常に混雑します。

特に17時を超えた辺りが周辺道路混雑のピークとなる事が多く、行き帰りの総武線は確実に満員電車となってしまうため注意しましょう。

また、交通規制は当日17時~22時まで行われるので、車や自転車の通行ができなくなってしまうためこちらも注意が必要です。

交通規制については、2023年度の情報がまだ未公開となっているため、2019年の情報を参考にしてみてください。





江戸川区花火大会2023屋台の出店場所・時間は?混雑状況も!まとめ

以上、江戸川区花火大会2023屋台の出店場所や混雑状況について、詳しく解説してきました。

4年ぶりの江戸川花火大会。

かなりの混雑が予想されますが、江戸川河川敷は非常に広いため、早めの時間帯から出向いて、屋台を楽しみながら会場までのんびり歩くのもオススメです。

混雑せずに早めの来場、早めの帰宅を意識して、屋台も花火も大いに楽しみましょう!