テレビ番組

極主夫道ロケ地(7話)ネオポリスガールの舞台となった公園の場所はどこ?

極主夫道のロケ撮影地「第7話」ネオポリスガールの舞台となった公園はどこにある?場所や名前は?についてまとめています。玉木宏、古川雄大がブランコに乗ったり記念写真を撮っていましたね。

極主夫道ロケ地(7話)ネオポリスガールの舞台となった公園の場所はどこ?

極主夫道第7話。美久が大事にしていたネオポリスガールの青い人形を壊してしまったというところから始まる第7話。

ダイジェスト映像はこちら。

今回紹介するのは映像後半に登場する龍(玉木宏)と酒井警官(古川雄大)が2人で行った公園。

こちらのシーンですね。

この公園は、

東京都国立市にある「谷保第一公園」(やほだいいちこうえん)

通称、汽車ぽっぽ公園といいます。

住所:〒186-0003 東京都国立市富士見台1丁目23−10

最寄り駅:谷保駅




この公園は他のドラマでもロケ地として使用されており、過去にはAKIRAさん、栗山千明さん、田中圭さんらが出演のドラマ「HEAT」(2015年)で使用されています。

地元の人からは汽車ぽっぽ公園という名前で親しまれており、正式名称「谷保第一公園」と呼んでいる人はほぼいないそうです。